ダンディハウスの脱毛ならデザイン重視男子は満足!

札幌ダンディハウス 脱毛

札幌パルコ店 / 札幌市中央区南1条西3-3 札幌パルコ8F

 

 

ダンディハウスは、実は実は「ミスパリ」と同じ会社が運営しています。男性専用をアピールするため、ブランド名も分けているのです。

 

木村拓哉さんをCMキャラクターに使っているので、こちらのほうで思い出す人も多いでしょう。

 

日本では最も古い男性専用エステサロンです。30年も前にスタートし、今では全国約60ヶ所に支店があります。コースの内容も充実しています。「ダイエット」「フェイシャル」「ニキビケア」「引き締め」「ブライダル」などと美容全般をカバーしています。

 

・ 脱毛方法は美容電気脱毛がメイン

 

脱毛方法は、すべてのお店で「美容電気脱毛」が用意されています。つまり、「ニードル脱毛」です。また、最近、一部のお店で「ライト脱毛」も採用され始めました。こちらは「光脱毛」「フラッシュ脱毛」の呼び方もされます。

 

どちらにするかは、一長一短ですが、特にヒゲ脱毛ならばニードル脱毛がおすすめです。

 

・美容電気脱毛ならば、デザインヒゲも可能

 

美容電気脱毛では、毛穴ひとつひとつに先端から熱が発生する極細の金属棒を当てていきます。そのため、「生える部分と生えない部分をきっちり分けて、シャープな口ヒゲにする」といったことが可能です。いわゆる「デザインヒゲ」です。これは2×3センチといった広い範囲を一気に処理するする光脱毛ではできません。

 

この担当者には特別なスキルが必要です。それがない人がやると、痛みが強かったり、皮膚にトラブルが出ます。でも、ダンディハウスならば安心です。どの支店にも日本国内や海外の脱毛の資格を持ったスタッフがいます。また、社内でも厳しい研修を行い、その検定に合格した者だけがニードルを握るようになっています。

 

・まずは体験コースから

 

美容電気脱毛にはちょっと不安を感じる人もいるかもしれません。ならば、最初は体験コースを受けてみましょう。

 

この美容電気脱毛の場合には、「顔:ひげ ショートコース」「顔:ひげ フルコース」「身体:胸・お腹、足・腕 フルコース」の3種類が用意されています。料金(税抜き)は順に1,000円、5,000円、5,000円です。

 

申込みはホームページから、あるいは電話で簡単にできます。また、男性専用サロンとしては最大の支店数がありますから、お店も近くで見つかるはずです。

 

・実際に使用した人の口コミは?

 

美容電気脱毛でヒゲを処理した人たちからは、「濃すぎて汚らしいと思われることの多かったヒゲがスッキリとなくなった」「ヒゲのデザインをやってもらったら、朝のひげそりの時間を短くできるだけではなく、そり残しも気にする必要がなくなった」などの声が出ています。

 

実は光脱毛の場合、ヒゲ・ムダ毛が再生する可能性があります。ですが、美容電気脱毛ならばその可能性はゼロです。こういった点でも、「安心できる」と評価が高いです。

 

⇒札幌の他のメンズ脱毛エステ